KNC-100FR バーフィーダーレス(バーフィーダー用の素材なのにバーフィーダーを使わない)仕様

太くて長い素材の加工には、従来の常識では「バーフィーダー+主軸貫通径の太い高価な機械」の組み合わせが必要でした。しかしその反面、太くて長い素材をバーフィーダーで振り回すので騒音や振動が発生し、加工ワーク精度に悪い影響を与えていました。また、バーフィーダーのフロアスペースも広く取られていました。この機械は、こんな悩みを解決しました。

切断されたパイプ状の素材を自動供給装置にて供給→加工→パーツキャッチャーにて排出。輪切り(金太郎飴状に)加工しますので、1個の素材から複数のワーク加工が可能です。クシバ旋盤の高精度を維持しながら、今まではできなかった太いワークの加工が可能です。
KNC-100FR バーフィーダーレス(バーフィーダー用の素材なのにバーフィーダーを使わない)仕様

KNC-100FR バーフィーダーレス(バーフィーダー用の素材なのにバーフィーダーを使わない)仕様